/page/2

例えば、「Amazonのようにシンプルで目的が達成しやすいサイトが良い」という人と「楽天のように賑やかで商品を探すこと自体も楽しめるサイトが良い」という人が混ざっていた場合。

もし両者に満足してもらおうとして、妥協点を見つけようとすると中途半端になり、誰からも望まれないサイトになってしまいます。

ところが、阿部が大学生たちに、「地元と聞いて思い出すものは何ですか?」というアンケートをとったときに返ってくる答えは、「イオン」「ミスド(ミスタードーナツ)」「マック」「ロイホ(ロイヤルホスト)」などである。この答えは驚きである。なぜなら、これらのものに、地元的な固有性はいささかもないからである。むしろ、これらは、それぞれの地方に固有な特殊性が、とりわけ希薄なものばかりである。ミスドもマックも、日本中、どこにでもある(場合によっては、世界中にある)。とすると、若者たちは、「地元がいい」と言いつつ、特に地元にもどらなくてもいくらでも見つかるような場所や施設を思い浮かべていることになる。

 それならば、彼らは、地元の何に魅力を感じているのか。かつてだったら、田舎に回帰する者たちは、その地域に根ざした共同性や人間関係に愛着をもっていた。しかし、阿部の調査は、ここでも、過去のイメージがあてはまらないことを示している。その調査によると、地方にいる若者たちの圧倒的な多数が、つまり調査対象となった若者のおよそ4分の3が「地域の人間関係は希薄である」と答えている。他の人間関係については、希薄だと答えている者の率は、はるかに低いので(満足していない者の比率は、家族関係に関しては、およそ5分の1、友人関係については1割未満しかいない)、彼らは、地域の人間関係に対して、ことのほか背を向けている、ということになる。地域の共同性が好きでもないのに、わざわざ地方にとどまっているのだ(ついでに指摘しておけば、本書の後半に、2012年におこなわれた、東日本大震災で被災した3県の調査が紹介されており、それによると、「近所の人」が頼りになったと答える人の率が最も低いのは、人口10万代の地方中小都市で、通念に反して、大都市の方が「近所の人」への信頼度が高い)。

 地元のイメージが託されているものは、どこにでもある施設で、地元の地縁共同体にも参加意識をもてないのだとすると、若者たちはなぜ地元を志向するのだろうか。阿部が調査をもとに結論していることは、わりと穏当なものである。すなわち、1990年代以降のモータライゼーションが生み出した、大型ショッピングモールが立ち並ぶ郊外が、地方の若者たちにとって「ほどほどの楽しみ」を与えてくれるためだ、と。要するに、駐車場が完備した、国道沿いのイオンモールで遊べば、そこそこ満足できる、というわけだ。地方都市は、余暇の楽しみのための場所がない田舎と刺激が強すぎる大都市との中間にある「ほどほどパラダイス」になっている、というのが、本書の前半の「現代篇」の最も重要な主張である。さらに、あまり明示的には語られていないことを付け加えておけば、そのほどほどパラダイスで鍵となっている人間関係は友人関係、もっとはっきり言うと、中学や高校のときの同級生の関係であろう。

1. 今までの人生でやったことで、好きなこと、楽しかったことは何ですか?
2. 時間を忘れてしまうほど、没頭してしまうことは何ですか?
3. あなたをニッコリさせてくれるものは何ですか?(活動、仕事、人、イベント、趣味、持ちもの)
4. 「私って最高!」と思わせてくれるものは何ですか?どんな時ですか?
5. あなたに影響をあたえた人はだれですか?(知っている人、知らない人、家族、友人、作家、アーティスト、リーダーなど)
6. あなたが得意なことは何ですか?(特技や才能など)
7. あなたがみんなによく聞かれることは何ですか?
8. もしみんなに何かを教える機会があったら、あなたは何を教えますか?
9. あなたが本当はフルパワーで取り組みたいのに、遠慮したり踏み出せなかったり不完全燃焼していることは何ですか?
10. あなたは90歳になりました。庭でいすにすわり、ここち良い春風を感じています。とても幸せな気分を味わい人生の祝福に感謝しています。今、人生をふり返って、成し遂げた仕事、最愛の人、手にいれたものの中で何が大事でしたか?それらをリストアップしてください。
11. あなたが大事にしている価値は何ですか?(回答用紙から選んで、大事なものから順に並び替えてみてください)
12. あなたが立ち向かった大きな苦難やチャレンジは何ですか?それをどのように乗り越えましたか?
13. あなたの強く信じる理念・信念は何ですか?
14. あなたが大勢の人にメッセージを伝えるとしたら、どんな人たちにどんなメッセージを伝えますか?
15. 人びとへの貢献に自分の才能や情熱を使うとしたら、あなたは何をしますか?
-いかがでしょうか?取りくむ前は「こんな質問で人生の目的がわかるのかな?」と疑問に思うかもしれませんが、週末に小一時間、試してみるのもいいのではないでしょうか?  書き始めるうちに、あなたの心が目を覚まし、大事なことに気がつくかもしれません。  15の質問に答えていくうちに、あなたは薄々と自分の人生の目的に気がつき始めているのです。  最後に、これらの15の質問で考えたことをまとめて、シンプルな一つの文にまとめましょう。これからの人生、いつでもそれに立ち返って生きていけるような、そんな文章にするのです。  余計な言葉を省き、簡潔に、あなたらしい言葉で。  それがあなたの「人生の目的」です。
アパホテルの案内に「無線LANケーブル完備」と書いてあって悩む。
「読まれることを期待しないコミュニケーション」であり、「反応を期待しないレコメンデーション」であるところのTubmlrは、実は水面下でウェブ・コミュニケーションの有り様を相当組み換えているのではないだろうか?

44戒

人間を学べ 入口を知れ 中を見ろ
構造を学べ 出口を知れ 外を見ろ
公式を学べ 変数を知れ 答を見ろ
変動を学べ 手段を知れ 時期を見ろ

本質を学べ 価値を知れ 裸を見ろ
歴史を学べ 過去を知れ 現実を見ろ
社会を学べ 位置を知れ 周りを見ろ
礼儀を学べ 恥を知れ  鏡を見ろ

表を学べ  裏を知れ  全体を見ろ
善を学べ  悪を知れ  行動を見ろ
先人に学べ 成功を知れ 過程を見ろ
失敗に学べ 過ちを知れ 馬鹿を見ろ

光に学べ  時刻を知れ 影を見ろ
天体に学べ 方角を知れ 地図を見ろ
勢力を学べ 関係を知れ 様子を見ろ
権力を学べ 抵抗を知れ 弱点を見ろ

科学を学べ 自然を知れ 宇宙を見ろ
宗教を学べ 愛を知れ  神を見ろ
政治を学べ 権利を知れ 足場を見ろ
経済を学べ 仕組を知れ 無駄を見ろ

法律を学べ 義務を知れ 面倒を見ろ
教育を学べ 責任を知れ 子供を見ろ
統計を学べ 偶然を知れ 確率を見ろ
標準を学べ 理想を知れ 夢を見ろ

運命を学べ 使命を知れ 必然を見ろ
起源を学べ 進化を知れ 発展を見ろ
常識を学べ 良識を知れ 標識を見ろ
規則を学べ 敵を知れ  頂点を見ろ

資源を学べ 材料を知れ 性質を見ろ
原理を学べ 応用を知れ 可能性を見ろ
作法を学べ 流派を知れ 波動を見ろ
対立を学べ 相性を知れ 接点を見ろ

言語を学べ 文法を知れ 由来を見ろ
象徴を学べ 意味を知れ 奥を見ろ
音を学べ  音域を知れ 振動を見ろ
闇に学べ  沈黙を知れ 空を見ろ

困難に学べ 祈りを知れ 天を見ろ
修行に学べ 限界を知れ 地獄を見ろ
問題を学べ 矛盾を知れ 盲点を見ろ
最初に学べ 最後に知れ 原点を見ろ

表現を学べ 方法を知れ 大衆を見ろ
伝統に学べ 文化を知れ 職人を見ろ
究極を学べ 核心を知れ 心眼で見ろ
独学で学べ 己を知れ  自分を見ろ

例えば、「Amazonのようにシンプルで目的が達成しやすいサイトが良い」という人と「楽天のように賑やかで商品を探すこと自体も楽しめるサイトが良い」という人が混ざっていた場合。

もし両者に満足してもらおうとして、妥協点を見つけようとすると中途半端になり、誰からも望まれないサイトになってしまいます。

ところが、阿部が大学生たちに、「地元と聞いて思い出すものは何ですか?」というアンケートをとったときに返ってくる答えは、「イオン」「ミスド(ミスタードーナツ)」「マック」「ロイホ(ロイヤルホスト)」などである。この答えは驚きである。なぜなら、これらのものに、地元的な固有性はいささかもないからである。むしろ、これらは、それぞれの地方に固有な特殊性が、とりわけ希薄なものばかりである。ミスドもマックも、日本中、どこにでもある(場合によっては、世界中にある)。とすると、若者たちは、「地元がいい」と言いつつ、特に地元にもどらなくてもいくらでも見つかるような場所や施設を思い浮かべていることになる。

 それならば、彼らは、地元の何に魅力を感じているのか。かつてだったら、田舎に回帰する者たちは、その地域に根ざした共同性や人間関係に愛着をもっていた。しかし、阿部の調査は、ここでも、過去のイメージがあてはまらないことを示している。その調査によると、地方にいる若者たちの圧倒的な多数が、つまり調査対象となった若者のおよそ4分の3が「地域の人間関係は希薄である」と答えている。他の人間関係については、希薄だと答えている者の率は、はるかに低いので(満足していない者の比率は、家族関係に関しては、およそ5分の1、友人関係については1割未満しかいない)、彼らは、地域の人間関係に対して、ことのほか背を向けている、ということになる。地域の共同性が好きでもないのに、わざわざ地方にとどまっているのだ(ついでに指摘しておけば、本書の後半に、2012年におこなわれた、東日本大震災で被災した3県の調査が紹介されており、それによると、「近所の人」が頼りになったと答える人の率が最も低いのは、人口10万代の地方中小都市で、通念に反して、大都市の方が「近所の人」への信頼度が高い)。

 地元のイメージが託されているものは、どこにでもある施設で、地元の地縁共同体にも参加意識をもてないのだとすると、若者たちはなぜ地元を志向するのだろうか。阿部が調査をもとに結論していることは、わりと穏当なものである。すなわち、1990年代以降のモータライゼーションが生み出した、大型ショッピングモールが立ち並ぶ郊外が、地方の若者たちにとって「ほどほどの楽しみ」を与えてくれるためだ、と。要するに、駐車場が完備した、国道沿いのイオンモールで遊べば、そこそこ満足できる、というわけだ。地方都市は、余暇の楽しみのための場所がない田舎と刺激が強すぎる大都市との中間にある「ほどほどパラダイス」になっている、というのが、本書の前半の「現代篇」の最も重要な主張である。さらに、あまり明示的には語られていないことを付け加えておけば、そのほどほどパラダイスで鍵となっている人間関係は友人関係、もっとはっきり言うと、中学や高校のときの同級生の関係であろう。

(元記事: thecraziethewizard (status-excessuから))

1. 今までの人生でやったことで、好きなこと、楽しかったことは何ですか?
2. 時間を忘れてしまうほど、没頭してしまうことは何ですか?
3. あなたをニッコリさせてくれるものは何ですか?(活動、仕事、人、イベント、趣味、持ちもの)
4. 「私って最高!」と思わせてくれるものは何ですか?どんな時ですか?
5. あなたに影響をあたえた人はだれですか?(知っている人、知らない人、家族、友人、作家、アーティスト、リーダーなど)
6. あなたが得意なことは何ですか?(特技や才能など)
7. あなたがみんなによく聞かれることは何ですか?
8. もしみんなに何かを教える機会があったら、あなたは何を教えますか?
9. あなたが本当はフルパワーで取り組みたいのに、遠慮したり踏み出せなかったり不完全燃焼していることは何ですか?
10. あなたは90歳になりました。庭でいすにすわり、ここち良い春風を感じています。とても幸せな気分を味わい人生の祝福に感謝しています。今、人生をふり返って、成し遂げた仕事、最愛の人、手にいれたものの中で何が大事でしたか?それらをリストアップしてください。
11. あなたが大事にしている価値は何ですか?(回答用紙から選んで、大事なものから順に並び替えてみてください)
12. あなたが立ち向かった大きな苦難やチャレンジは何ですか?それをどのように乗り越えましたか?
13. あなたの強く信じる理念・信念は何ですか?
14. あなたが大勢の人にメッセージを伝えるとしたら、どんな人たちにどんなメッセージを伝えますか?
15. 人びとへの貢献に自分の才能や情熱を使うとしたら、あなたは何をしますか?
-いかがでしょうか?取りくむ前は「こんな質問で人生の目的がわかるのかな?」と疑問に思うかもしれませんが、週末に小一時間、試してみるのもいいのではないでしょうか?  書き始めるうちに、あなたの心が目を覚まし、大事なことに気がつくかもしれません。  15の質問に答えていくうちに、あなたは薄々と自分の人生の目的に気がつき始めているのです。  最後に、これらの15の質問で考えたことをまとめて、シンプルな一つの文にまとめましょう。これからの人生、いつでもそれに立ち返って生きていけるような、そんな文章にするのです。  余計な言葉を省き、簡潔に、あなたらしい言葉で。  それがあなたの「人生の目的」です。
アパホテルの案内に「無線LANケーブル完備」と書いてあって悩む。
「読まれることを期待しないコミュニケーション」であり、「反応を期待しないレコメンデーション」であるところのTubmlrは、実は水面下でウェブ・コミュニケーションの有り様を相当組み換えているのではないだろうか?

44戒

人間を学べ 入口を知れ 中を見ろ
構造を学べ 出口を知れ 外を見ろ
公式を学べ 変数を知れ 答を見ろ
変動を学べ 手段を知れ 時期を見ろ

本質を学べ 価値を知れ 裸を見ろ
歴史を学べ 過去を知れ 現実を見ろ
社会を学べ 位置を知れ 周りを見ろ
礼儀を学べ 恥を知れ  鏡を見ろ

表を学べ  裏を知れ  全体を見ろ
善を学べ  悪を知れ  行動を見ろ
先人に学べ 成功を知れ 過程を見ろ
失敗に学べ 過ちを知れ 馬鹿を見ろ

光に学べ  時刻を知れ 影を見ろ
天体に学べ 方角を知れ 地図を見ろ
勢力を学べ 関係を知れ 様子を見ろ
権力を学べ 抵抗を知れ 弱点を見ろ

科学を学べ 自然を知れ 宇宙を見ろ
宗教を学べ 愛を知れ  神を見ろ
政治を学べ 権利を知れ 足場を見ろ
経済を学べ 仕組を知れ 無駄を見ろ

法律を学べ 義務を知れ 面倒を見ろ
教育を学べ 責任を知れ 子供を見ろ
統計を学べ 偶然を知れ 確率を見ろ
標準を学べ 理想を知れ 夢を見ろ

運命を学べ 使命を知れ 必然を見ろ
起源を学べ 進化を知れ 発展を見ろ
常識を学べ 良識を知れ 標識を見ろ
規則を学べ 敵を知れ  頂点を見ろ

資源を学べ 材料を知れ 性質を見ろ
原理を学べ 応用を知れ 可能性を見ろ
作法を学べ 流派を知れ 波動を見ろ
対立を学べ 相性を知れ 接点を見ろ

言語を学べ 文法を知れ 由来を見ろ
象徴を学べ 意味を知れ 奥を見ろ
音を学べ  音域を知れ 振動を見ろ
闇に学べ  沈黙を知れ 空を見ろ

困難に学べ 祈りを知れ 天を見ろ
修行に学べ 限界を知れ 地獄を見ろ
問題を学べ 矛盾を知れ 盲点を見ろ
最初に学べ 最後に知れ 原点を見ろ

表現を学べ 方法を知れ 大衆を見ろ
伝統に学べ 文化を知れ 職人を見ろ
究極を学べ 核心を知れ 心眼で見ろ
独学で学べ 己を知れ  自分を見ろ

"

例えば、「Amazonのようにシンプルで目的が達成しやすいサイトが良い」という人と「楽天のように賑やかで商品を探すこと自体も楽しめるサイトが良い」という人が混ざっていた場合。

もし両者に満足してもらおうとして、妥協点を見つけようとすると中途半端になり、誰からも望まれないサイトになってしまいます。

"
"

ところが、阿部が大学生たちに、「地元と聞いて思い出すものは何ですか?」というアンケートをとったときに返ってくる答えは、「イオン」「ミスド(ミスタードーナツ)」「マック」「ロイホ(ロイヤルホスト)」などである。この答えは驚きである。なぜなら、これらのものに、地元的な固有性はいささかもないからである。むしろ、これらは、それぞれの地方に固有な特殊性が、とりわけ希薄なものばかりである。ミスドもマックも、日本中、どこにでもある(場合によっては、世界中にある)。とすると、若者たちは、「地元がいい」と言いつつ、特に地元にもどらなくてもいくらでも見つかるような場所や施設を思い浮かべていることになる。

 それならば、彼らは、地元の何に魅力を感じているのか。かつてだったら、田舎に回帰する者たちは、その地域に根ざした共同性や人間関係に愛着をもっていた。しかし、阿部の調査は、ここでも、過去のイメージがあてはまらないことを示している。その調査によると、地方にいる若者たちの圧倒的な多数が、つまり調査対象となった若者のおよそ4分の3が「地域の人間関係は希薄である」と答えている。他の人間関係については、希薄だと答えている者の率は、はるかに低いので(満足していない者の比率は、家族関係に関しては、およそ5分の1、友人関係については1割未満しかいない)、彼らは、地域の人間関係に対して、ことのほか背を向けている、ということになる。地域の共同性が好きでもないのに、わざわざ地方にとどまっているのだ(ついでに指摘しておけば、本書の後半に、2012年におこなわれた、東日本大震災で被災した3県の調査が紹介されており、それによると、「近所の人」が頼りになったと答える人の率が最も低いのは、人口10万代の地方中小都市で、通念に反して、大都市の方が「近所の人」への信頼度が高い)。

 地元のイメージが託されているものは、どこにでもある施設で、地元の地縁共同体にも参加意識をもてないのだとすると、若者たちはなぜ地元を志向するのだろうか。阿部が調査をもとに結論していることは、わりと穏当なものである。すなわち、1990年代以降のモータライゼーションが生み出した、大型ショッピングモールが立ち並ぶ郊外が、地方の若者たちにとって「ほどほどの楽しみ」を与えてくれるためだ、と。要するに、駐車場が完備した、国道沿いのイオンモールで遊べば、そこそこ満足できる、というわけだ。地方都市は、余暇の楽しみのための場所がない田舎と刺激が強すぎる大都市との中間にある「ほどほどパラダイス」になっている、というのが、本書の前半の「現代篇」の最も重要な主張である。さらに、あまり明示的には語られていないことを付け加えておけば、そのほどほどパラダイスで鍵となっている人間関係は友人関係、もっとはっきり言うと、中学や高校のときの同級生の関係であろう。

"
"1. 今までの人生でやったことで、好きなこと、楽しかったことは何ですか?
2. 時間を忘れてしまうほど、没頭してしまうことは何ですか?
3. あなたをニッコリさせてくれるものは何ですか?(活動、仕事、人、イベント、趣味、持ちもの)
4. 「私って最高!」と思わせてくれるものは何ですか?どんな時ですか?
5. あなたに影響をあたえた人はだれですか?(知っている人、知らない人、家族、友人、作家、アーティスト、リーダーなど)
6. あなたが得意なことは何ですか?(特技や才能など)
7. あなたがみんなによく聞かれることは何ですか?
8. もしみんなに何かを教える機会があったら、あなたは何を教えますか?
9. あなたが本当はフルパワーで取り組みたいのに、遠慮したり踏み出せなかったり不完全燃焼していることは何ですか?
10. あなたは90歳になりました。庭でいすにすわり、ここち良い春風を感じています。とても幸せな気分を味わい人生の祝福に感謝しています。今、人生をふり返って、成し遂げた仕事、最愛の人、手にいれたものの中で何が大事でしたか?それらをリストアップしてください。
11. あなたが大事にしている価値は何ですか?(回答用紙から選んで、大事なものから順に並び替えてみてください)
12. あなたが立ち向かった大きな苦難やチャレンジは何ですか?それをどのように乗り越えましたか?
13. あなたの強く信じる理念・信念は何ですか?
14. あなたが大勢の人にメッセージを伝えるとしたら、どんな人たちにどんなメッセージを伝えますか?
15. 人びとへの貢献に自分の才能や情熱を使うとしたら、あなたは何をしますか?
-いかがでしょうか?取りくむ前は「こんな質問で人生の目的がわかるのかな?」と疑問に思うかもしれませんが、週末に小一時間、試してみるのもいいのではないでしょうか?  書き始めるうちに、あなたの心が目を覚まし、大事なことに気がつくかもしれません。  15の質問に答えていくうちに、あなたは薄々と自分の人生の目的に気がつき始めているのです。  最後に、これらの15の質問で考えたことをまとめて、シンプルな一つの文にまとめましょう。これからの人生、いつでもそれに立ち返って生きていけるような、そんな文章にするのです。  余計な言葉を省き、簡潔に、あなたらしい言葉で。  それがあなたの「人生の目的」です。"
"アパホテルの案内に「無線LANケーブル完備」と書いてあって悩む。"
"「読まれることを期待しないコミュニケーション」であり、「反応を期待しないレコメンデーション」であるところのTubmlrは、実は水面下でウェブ・コミュニケーションの有り様を相当組み換えているのではないだろうか?"
"

44戒

人間を学べ 入口を知れ 中を見ろ
構造を学べ 出口を知れ 外を見ろ
公式を学べ 変数を知れ 答を見ろ
変動を学べ 手段を知れ 時期を見ろ

本質を学べ 価値を知れ 裸を見ろ
歴史を学べ 過去を知れ 現実を見ろ
社会を学べ 位置を知れ 周りを見ろ
礼儀を学べ 恥を知れ  鏡を見ろ

表を学べ  裏を知れ  全体を見ろ
善を学べ  悪を知れ  行動を見ろ
先人に学べ 成功を知れ 過程を見ろ
失敗に学べ 過ちを知れ 馬鹿を見ろ

光に学べ  時刻を知れ 影を見ろ
天体に学べ 方角を知れ 地図を見ろ
勢力を学べ 関係を知れ 様子を見ろ
権力を学べ 抵抗を知れ 弱点を見ろ

科学を学べ 自然を知れ 宇宙を見ろ
宗教を学べ 愛を知れ  神を見ろ
政治を学べ 権利を知れ 足場を見ろ
経済を学べ 仕組を知れ 無駄を見ろ

法律を学べ 義務を知れ 面倒を見ろ
教育を学べ 責任を知れ 子供を見ろ
統計を学べ 偶然を知れ 確率を見ろ
標準を学べ 理想を知れ 夢を見ろ

運命を学べ 使命を知れ 必然を見ろ
起源を学べ 進化を知れ 発展を見ろ
常識を学べ 良識を知れ 標識を見ろ
規則を学べ 敵を知れ  頂点を見ろ

資源を学べ 材料を知れ 性質を見ろ
原理を学べ 応用を知れ 可能性を見ろ
作法を学べ 流派を知れ 波動を見ろ
対立を学べ 相性を知れ 接点を見ろ

言語を学べ 文法を知れ 由来を見ろ
象徴を学べ 意味を知れ 奥を見ろ
音を学べ  音域を知れ 振動を見ろ
闇に学べ  沈黙を知れ 空を見ろ

困難に学べ 祈りを知れ 天を見ろ
修行に学べ 限界を知れ 地獄を見ろ
問題を学べ 矛盾を知れ 盲点を見ろ
最初に学べ 最後に知れ 原点を見ろ

表現を学べ 方法を知れ 大衆を見ろ
伝統に学べ 文化を知れ 職人を見ろ
究極を学べ 核心を知れ 心眼で見ろ
独学で学べ 己を知れ  自分を見ろ

"

Tumblrについて:

本Tumblrは、日々のインターネット生活の中で、様々な個人的断片(ネタ含む)を集めた唯一のクリップ集。広告・マーケティング・テクノロジー・ソーシャルメディア・Lifehacks・起業・仕事術・コミュニケーション “Let's Reblog. Right here Right now!”